試合でトロフィーをもらう選手の表情は素晴らしい

トロフィーを高々と掲げ観客に応え、その余韻に浸るシーンを見る事があります。テレビではゴルフやサッカー、相撲などが非常に見る機会が多いと思います。スポーツ界に限らず、色々な世界でトロフィーを授与される場面はあるのですが、スポーツの世界のそれは、他と違い眩く輝いている様にに見えるから不思議です。そして、受け取る選手の顔を見ると、何とも晴れやかで、充実した顔がそこにあります。きっと、それまでの努力が報われた満足感と達成感がそういう顔つきにさせるのでしょう。おそらく、その瞬間を思い描いて、日々の練習や特訓を重ねてきた事に違いありません。練習中に怪我をして心がくじけそうになった事があるかもしれません。時には挫折し、辞めることを考えた日もあるかもしれません。しかし、またもう一度その場面を味わいたくて次の試合も、その次の試合も良い結果を出せる様に努力をしてトロフィーを勝ち取ったに違いない。そういったバックグラウンドを想像しながら見ると、通常の何倍もその姿が格好良く見えるものです。何とも言えない晴れやかで清々しい顔の表情をして、全身で喜びを表現する選手たちを称え、バックグランドを想像しながら試合観戦する事も新たな楽しみ方の一つでしょう。

トロフィーを試合後に取得する為の心構え

試合の後にトロフィーを取得する為に、いち選手として持っておくべき心構えがいくつかあります。まず一つとして、全ての選手がそこを目指して頑張っていると言う事を、自覚する事です。最初のスタートラインは平等ですが、その心構えを持っておく事で、有利な精神状態を作っておく事が出来るでしょう。実際に最終的に表彰台に立つ事が出来る人は、そこに立ちたいという思いが最も強い人です。その事を自覚している選手は、自ずと常日頃から強い思いのもと、誰よりもトレーニングをする事になるでしょう。試合はホイッスルがなる前から既に始まっていると言う事だけは、肝に命じておきたいところです。トロフィーが欲しいというその強い思いを出来るだけ持つ事が出来る様に、普段からイメージトレーニングをしておく事も重要です。その誰もが欲しがっている輝けるシンボルを手に、表彰台の真ん中で栄光を手にしている自分を想像するのです。そうする事で、誰よりもそうなりたいと言う気持ちに成る事が出来るでしょう。そういった心構えが出来たら、あとは実際に試合で全力を出し、トロフィー取得に向けて励むだけです。信念を強く持っていれば、必ずやその願いは叶う事になるでしょう。