トロフィーに込められた思い

スポーツの大会はもちろん、音楽のコンクールなどの大会の表彰式にはトロフィーが付きものである。そもそもの成り立ちは戦争で勝った際に、敵から奪い取った兜や鎧、盾といったものを、戦利品として飾る慣習から来ているという。この勝者の証は、順位が上がるにつれてサイズが大きく、さらに装飾が豪華になっていく。国際的に大きな大会で勝者に贈られたものは、展示会が催されることもあるほどだ。学校の職員室の前の廊下や、各部活動の部室には歴代の先輩が勝ち取ってきたトロフィーが飾られており、その歴史を感じることができる。それにはその大会の概要や学校名がプレートに印字され、装飾としてリボンが付けられ、その栄光に関わったメンバーの名前が寄せ書きのように記載されることが多い。地元の小学校などではこんなことも起きる。例えば、親世代から同じ学校に通った場合、父親やさらには祖父の名前が刻まれたものが、学校に保存されていることがある。それを見た子供は、その学校の歴史を感じる上に、父親や祖父の当時の様子を話で聞いたりと、家庭での話に花が咲くこともあるだろう。一つのトロフィーに対して多くの感動が篭っており、さらに多くの思い出や感動が連鎖して生まれていくのだ。

試合にお洒落なトロフィーはかかせない

ゴルフや野球、バスケットボール、サッカー、バレー、卓球、テニス、ボーリング、ゲートボール等の競技や柔道、剣道、空手、相撲といった武道、格闘技、陸上競技、ウォータースポーツ、ウィンタースポーツ、体操、ダンス等の運動系の試合や、美術、書、音楽、趣味にいたるコンテストまで、トロフィーはかかせません。トロフィーは、大切な試合やコンテストをがんばってきた結果を形にした記念の品であるため、何でも良いというわけにはいきません。トロフィーにはクリスタル製、ブロンズ製、アクリル製等、様々な種類があります。素材と大きさによって価格は異なります。安価なものであれば二千円程度で購入できます。高級クリスタル製のものであれば、数万円程度で購入可能です。かたちは非常にお洒落なデザインのものが多く、部屋に置いていても違和感なく飾る事が可能なものが多いです。レーザーによる文字や名入れ等も無料や格安で行っているため、一つからでも気軽に注文する事が可能です。大切な記念の日を刻むため、小さなものであったとしても良い素材を線選択した方が良いです。大きさは40cm程度から1m以上まであるため、用途に応じてサイズを自由に選ぶ事が可能です。

2013年1月31日

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *

*